スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








虹を架ける王妃


昨日は准くんDAYでしたね。
朝から生で見れて幸せ~なんて思って家を出たわけですが、学校への道の途中でいいともを録画するのを忘れてたことに気づき、一気にプラマイゼロに。
同級生2人と歩いて通ってるんですが、准くんとはまったく関係ない話題のときに、「あっ!!」とか言い出してしまって、驚かれました。
ピンポンに至っては「ピンポンに出る」ということは知ってたけど、ピンポンがここらで放送されてる番組だというを知らなかった。
今の髪形好きですね。色気もあり、さわやかさもありで。

さて、肝心なドラマの感想。
薄っぺら言い方になってしまいますが、すごくいいドラマだったと思います。
准くんはどんな役をやっても、違和感がないなって思いました。
作品に魅入ってしまって、はっと、「そういえばこれ准くんだ」と思うことが何度かありました。
感情の起伏を表に出ださない役な分、表情の演技が際立ってたと思います。
菅野さんも元々上手だと思っていたけど、改めてすごいなと思いました。

始まりこそ、経略結婚だったわけですが、真実の愛で結ばれていた二人の姿は本当に美しかったです。
でも、愛し合ってたからこその苦難や苦悩もあったんですよね。
抱きしめあうシーンが多かったけど、そのどれもが本当にお互いへの愛情を感じました。

殿下→方子さんへの言葉遣いが敬語だったり、そうじゃなかったりしたのが気になったんですが、何でだったんでしょうか?
最初敬語で、後に普通の言葉遣いなら分かるんですが、いきなり敬語になってたりして・・・

タイトルの「虹を架ける王妃」
「虹をかける」と聞いて、「駆ける」だと思ってたんですが、
「架ける」だったんですね。
日本と朝鮮にってことなんだろうけど、その割には殿下の死後の方子さんの活躍については流さてましたね。
また、別の機会に方子さんの活動についても知りたいです。


明日の増刊号は絶対見なきゃ!!
一応10時前に目覚ましセットしとこう。
スポンサーサイト






2006⁄11⁄25 22:01 カテゴリー:未分類 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |


Neko


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事


コメント


メール

名前:
メール:
件名:
本文:


リンク


過去


ブロとも申請フォーム


ブログ検索


▲pagetop



Copyright © 2017 降水確率40%. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。